目は口ほどにものを言う、などとも言われるくらい、目の印象というのは人の心に深く響くものですが、それだけにアイメイクには気合いを入れているという人も多いのではないでしょうか。
メイクにもさまざまな流行がありますが、アイメイクはここ数年、みんなが興味を持っていろいろ工夫をしている時代であると言えると思います。

以前は、ギャルしかつけないイメージの強かった「つけまつげ」なども、メイク用品のポピュラーなアイテムのひとつとして、幅広い層に支持されるようになってきました。
また、まつげエクステなども利用する人が増え「まつげを盛る」というのが普通になってきたとも言えます。
まつげエクステやつけまつげをつけると、アイラインがなくてもパッチリとした目になるので、時短のためにそのようなアイテムを使うという人もいます。
月に一度、サロンに行く時間を作ることができれば、毎日の時短が叶うので、どちらが良いのかは自分のライフスタイルに合わせて考えてみると良いでしょう。

アイメイクの方法は何通りもありますが、やはり毎日バッチリメイクを決めていますという人も多いでしょう。
その中でも大きく目の印象を変えてくれるアイライナー、みなさんはどんなものを使っていますか?
アイライナーは、ペンシルタイプのものとリキッドタイプのものがあります。
それ以外にもジェルタイプのものなど、その時々でいろいろなものが販売されますが、スタンダードなものはこの2種類です。
どちらのほうがより良いということはありませんので、どのような目元を作りたいのか、出来上がりのイメージを考えて、タイプに合わせてアイライナーを選ぶことがオススメです。

ペンシルのタイプのものは、柔らかい印象にしたい時に使うと良いでしょう。
丸い感じの目を描くのに適しています。
より、可愛らしい感じにしたい場合には、ブラックではなくブラウンやグレーなどの色を選ぶと印象を変えることができます。
ペンシルのタイプのものは、鉛筆削りなどで削るほか、繰り出しタイプのものなどもありますので、自分が描きやすい一本を探してみましょう。
芯のかたさ、柔らかによって、引ける線も異なってきますので、まずはいろいろ試してみましょう。

リキッドタイプのものはシャープな目元にするのに適しています。
ブラックが一番強い印象を与えることができますが、レッドやブルーなど遊び心のあるカラーを取り入れてみるのも良いでしょう。
シャドウに合わせて選んでみると良いでしょう。

アイライナーでなりたい目元を実現しましょう。

Comments are closed.