みなさんはメイクをする時、どこにポイントを置いたメイクを心がけていますか?
何はなくともアイメイクは欠かせない!という人も多いと思いますし、その日の気分やファッショに合わせて気分転換している、という人もいると思います。
雑誌の特集でも、アイメイクはやはり人気がありますし、リップは季節が変わる毎に新カラーが出て、心弾む気持ちにさせてくれます。
そんな中、チークは、メイクに欠かせないものにも関わらず、アイメイクやリップほど「こだわらない」人が多い気がします。
しかし、チークは顔全体の印象を決めるパーツですので、今まであまり気にしてなかったという人も、ぜひ一度見直してみることをオススメします。

チークは、大まかに考えると、ピンク系かオレンジ系、この二種類がベースになります。
とりあえず頬がピンクとかになっていればいいんじゃないかと思っている人もいるかもしれませんが、頬は顔の中でも広い面積がありますので、それだけにそこにどのようなカラーを持ってくるかは、顔色や印象を決める大切な部位であるといえます。
チークの差がイマイチわからないという人もいると思いますが、チークは発色が良く、色持ちの良いものを選ぶようにしましょう。

また、カラーについて、自分で選ぶのがよくわからないという人もいると思います。
そのような場合には化粧品のカウンターに行って、美容部員さんに選んでもらうと良いでしょう。
メイクはトータルで考えるものなので「どのような雰囲気のメイクをしたいのか」ということを考えたカラー選びが必要になります。
私は雑誌などでよく見かける、クチコミなどでも評判の良いジュルスチュアートのカウンターに行ってみたのですが、どんな雰囲気にしたいかによってどのチークを選べば良いのか一覧になったものが用意されていたため、とてもわかりやすかったです。
その中から2つ選んで迷っていたところ、付け比べさせていただいたのですが、似たようなカラーだったのにやはりとても違う印象になりました。
チークは一度購入するとそれなりに長い期間もつものですので、納得してお気に入りのものを手に入れると、ずっと楽しい気持ちでメイクができるのではないでしょうか。

チークは単色でもダメではないのですが、今は複数のカラーをミックスして使ってなりたい雰囲気に合わせて使うタイプがたくさんあります。
どうやって使うのかわからないという人も、カウンターで親切に教えてもらうことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。
さっと塗るだけで顔色が明るくなるアイテムなので、賢く取り入れるのが良いでしょう。

Comments are closed.